精確・迅速・激烈

2027年1月までの日々

福岡でセブンイレブンのカフェラテが150円から162円に値上げ

セブンイレブンでよく買って飲む、カフェラテのレギュラーサイズの値段が、いつの間にか150円から162円に値上がりしていた、というだけの話。いつから値上がりしたのか、直営店もフランチャイズ店もか、全国的なのか福岡だけなのかは知らん。普段、財布の中…

【新聞】2019年上半期を振り返る「日経MJ上期ヒット商品番付」発表、「令和」が横綱相撲

2019年「日経MJ上期ヒット商品番付」発表 2019年6月5日・日経MJ1面より 毎回楽しみにしている日経MJの「ヒット商品番付」の2019年上期分が発表されたので記録として。昨年末に発表された2018年版は以下。www.knynht.jp 日経MJヒット商品番付 番付は以下の結…

【読了】52の処世術 - 『Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法』ロルフ・ドベリ

買ってしばらく放置していたが、読み始めたら一気だった。52の処世術を並べているのが、もとは新聞の連載コラムなので、好きなところから読める。ソースは、心理学・ストア派の思想・バリュー投資。 読んだところで、いきなり人生が好転するわけではないが、…

【読了】マブチ・日東・キーエンス - 『電子部品 営業利益率20%のビジネスモデル』村田朋博

1つ前の記事が3月24日なので、ちょうど2ヶ月ぶりのブログ更新となった。本も読んでたし、映画も観ていたし、旅にも出たし、妻も抱いていたし、子供とも遊んでいた中で、ブログの優先順位が最下層に落ちていたので、放置していた。優先順位は相変わらず低いま…

レイ・ダリオ『PRINCIPLES(プリンシプルズ)人生と仕事の原則』日本語版がついに発売、装丁もシブくて素晴らしい

世界最大のヘッジファンド、ブリッジウォーター・アソシエーツ創業者のレイ・ダリオ氏の『PRINCIPLE(プリンシプル)』が、ついに邦訳されて、今月21日に日本経済新聞出版社から発売されたわけだが、Amazon で予約して、発売日から2日遅れで福岡の我が家に届…

【読了】中庸? ライフワークバランス? 糞食らえ - 『ブチ抜く力』与沢翼(@tsubasa_yozawa)

Kindle版を購入。情報商材ビジネスでブイブイいわせていた時の与沢翼氏には興味が持てなかったのだが、何事にも「極端」に取り組んで結果を出していく様を本書で読んで、惚れた。人間、やりたいことがあって、そこで結果を出そうと思ったら、集中して短期間…

【008】『モンスター・ホテル クルーズ船の恋は危険がいっぱい?!』(原題:Hotel Transylvania 3)

Who (だれと) 家族で。息子は iPad を触りながらチラチラ When (いつ) 2019年3月12・13日、夕食後 Where (どこで) 自宅で What (なにを) 吹替版を Why (なぜ) 妻がこのシリーズの大ファン。特にドラキュラ伯爵の表情と、山寺宏一氏による吹き替え…

ファミリーマートのおしゃれな「RUBBERS STYLE」で、避妊や潤滑ローションがもっとカジュアルになればいい

近所のファミリーマートから無印良品の商品が撤去され、かわりになにが並ぶのかと気にしていたのだが、今日確認したら、えらくおしゃれなものが売られていた。 一見、整髪料なのだが、よく見ると「コンドーム & ローション」の文字。どうやらファミリーマー…

トヨタの NOAH(ノア)を購入から10日間乗ってみて、追加したオプション2つ

トヨタの NOAH(ノア)を購入して10日経った。あまり遠出していないので、まだ500kmそこそこの走行距離だが、日々快適なドライブを提供してくれて、早くも新しい家族の一員としてなくてはならない存在になった。ただ、10日間、妻や子供を乗せて日常使いをし…

瞑想するカリスマ投資家レイ・ダリオ氏の『PRINCIPLE』がついに邦訳されて3月21日に発売

ついにというか、やっとというか。世界最大のヘッジファンド、ブリッジウォーター・アソシエーツ創業者のレイ・ダリオ氏の『PRINCIPLE(プリンシプル)』が、ついに邦訳されて、今月21日に日本経済新聞出版社から発売される。値段を確認せずに予約注文したの…

佐藤優氏の新著の写真の服装が「よだれかけ」にしか見えない

Amazon が以下の書籍をオススメしてきた激変する世界を先読みする作者: 副島隆彦,佐藤優出版社/メーカー: 日本文芸社発売日: 2019/03/29メディア: 単行本この商品を含むブログを見る 副島隆彦氏と佐藤優氏による共著『激変する世界を先読みする』という、ド…

トヨタの NOAH(ノア)特別仕様車 Si “W×B Ⅱ” 、無事納車と香椎宮にて交通安全祈願

息子が生まれて6年、娘が生まれて5年、やっと念願のノアを買った。

【読了】人間の脳は、そもそも「投資」にむいてない - 『あなたのお金と投資脳の秘密 神経経済学入門 』ジェイソン・ツヴァイク

かなり長い間積んでいたのだが、もっと早く読めばよかったとちょっと後悔。いかに人間の脳が根源的に「(長期)投資」にむいてないかを、豊富な実験結果やデータを元に説く。そして、対処方法も。人間は投資家に生まれるのではない、努力してなんとか投資家…

【読了】日本で一番手軽なマンガー本 - 『マンガーの投資術 』デビッド・クラーク

読書も仕事もブログ遊びも、すべてが滞っていたのは、月曜の朝にやったギックリ腰のせい。寝込んでんだから本ぐらい読めるだろと思うが、痛みでそれどころではなかった。5日間安静にして、そろりと日常生活に戻った。癖になっているので、どうにかしていかな…

【感想】42歳中年男子、本書を読んで自炊を決意 - 『勝間式超コントロール思考』勝間和代(@kazuyo_k)

Kindle版を購入。著者、同性愛をカミングアウトしてからこっち、自然体で本当に美しくなった。ブログや著書も、心から書きたいことを書かれているようで、楽しく読める。人生を徹底的に、快適に、「コントロール」されているのだろう。 感想 断酒のススメ 繰…

相続税30,295,200円wwwww

今日納付したけど、不動産がメインだったから現金かき集めた。ケツの毛抜かれて鼻血も出ない。

このタイミングでレオパレス21のアパート建てさせられる人ってどんな気持ちなんだろう

昨年の秋ぐらいから近所の畑が潰されて整地され始めたのだが、今日、建築看板が建っていたので確認したら、今一番ホットなレオパレス21。こんだけ話題になってれば、建築で手抜きはされないだろうし、営業はサブリースなんで大丈夫ですとかなんとか適当こい…

【読了】いつか子供連れて APU に大学見学にいこう! - 『知的生産術』出口治明(@p_hal)

妻が出口氏のファンなので、読んでみた。 いわゆる「仕事術」本、あるいは「自己啓発本」なのだが、俺としては、1冊丸々通して、氏が学長を勤める立命館アジア太平洋大学(APU)の素晴らしい PR本として楽しく読んだ。うちの子供には、氏が APU で実現しよう…

【新聞】書評『大戦略論』ジョン・ルイス・ギャディス

2019年2月16日・日本経済新聞朝刊29面より ずっと気になっている『戦略の世界史』と合わせて、ハイアットに3日ぐらいこもって読みたい。 本書は大戦略をリーダーが達成したい願望と自らの能力を釣り合わせることと定義している。願望は人間の欲望によって無…

【読了】自由市場・最小国家・社会的寛容 - 『リバタリアニズム アメリカを揺るがす自由至上主義』渡辺靖

以前読んだピーター・ティールについての本で、生き方としての「リバタリアニズム」に興味を持って、聖典であるアイン・ランドの小説を買ってみたものの、あまりの分厚さに読むのを躊躇してしまい、そのままにしていたのだが、中公新書からよさそうな本が出…

「天ぷら だるま」(福岡市中央区大名)の大将、車にはねられてリハビリ中の模様

数ヶ月ぶりに天神の西側に用事があったので、昼飯を「立ち食いステーキGABURI」と「天ぷら だるま」のどちらにするか迷ったのだが、今日は天ぷら気分だったので「だるま」に向かったら……。 あれ、定休日か? なんか貼り紙が……。大将、車にはねられてる。入り…

7年前の10月に購入した iMac がそろそろ限界

自宅のメインマシン。7年間よく頑張ってくれたのだが、そろそろ限界。年明けあたりから急激に老化が進み、あれこれメンテナンスしたが、何をするにもレンボーカーソルがグルグル。今は亡き、アップル純正の24インチLED Cinema Display とのデュアルディスプ…

【読了】生きる老哲人に学ぶ - 『完全なる投資家の頭の中 マンガーとバフェットの議事録 』トレン・グリフィン

ウォーレン・バフェットの相棒、チャーリー・マンガーの言葉を中心に、投資哲学や人生観などを解説。基本、バークシャー・ハサウェイの株主総会での発言や講演やエッセイからの引用が大半なので、妙なバイアスを受けることなく読み進めることができる。Embed…

【朗報】イケダハヤト氏(@IHayato)よりネットで稼ぐ人妻から月に210万円受け取ってくれというオファーがきた!

やったぜ、「ネットの錬金術師」の異名を持つカリスマ・イケダハヤト氏よりもさらに稼ぐ人妻から毎月210万円を受け取ってくれというオファーがメールできました。日頃の行いがよかったからだと思います。(画像はイメージです) ご無理を承知でのお願いです…

【読了】「ダンドー」とは富を創造する努力 - 『ダンドー 』モニッシュ・パブライ

『勘違いエリートが真のバリュー投資家になるまでの物語 』のガイ・スピアが兄貴分として慕う、モニッシュ・パブライによる投資本。数年前に買ったときはなぜか読み進めることができずに、積んでいたのだが、今回は楽しく読めた。俺もそれだけ歳をとったとい…

【読了】正しい人に正しく憧れること - 『勘違いエリートが真のバリュー投資家になるまでの物語 』ガイ・スピア

読み物としても面白いので、今までに3回ぐらい読んでいるが、再再々読。バフェットやマンガーに憧れて目をキラキラさせている著者の息遣いが感じられる、率直な好著。

【読了】要するに「温故知新」 - 『RE:THINK:答えは過去にある』スティーヴン・プール

書店でなんとなく手にとって購入。途中まで面白く読み進めたのだが、「プラシーボ効果」あたりから、衒学的というか抽象的というか、ぶっちゃけて言うと一気に面白くなくなった。メルカリに出す。 おんこ‐ちしん【温故知新】 〘名〙 (「論語−為政」の「故ふ…

【007】号泣号泣アン号泣 - 『メリー・ポピンズ・リターンズ』(原題:Mary Poppins Returns)

Who (だれと) 家族全員で When (いつ) 2019年2月3日、13時50分の回 Where (どこで) ユナイテッド・シネマ福岡ももち What (なにを) 吹替版・3歳以下入場可の回を Why (なぜ) 初代が家族全員大好きなので、『リターンズ』もずっと楽しみにしていた …

2019年2月の読書計画

2月はあまり読書の時間が確保できそうにないので、いつもの乱読ではなく、ある程度テーマを決めて計画的に本を読んでいうということで、以下の本を以下の順番で読んでいくことにした。初読・再読ごちゃ混ぜだが、テーマとしては「投資手法の確認とブラッシュ…

【読了】「「経済的な堀」を持つビジネス」ガイドブック - 『千年投資の公理 』パット・ドーシー

俺のバイブル。これまでハードカバー版を何度も読んでいるが、この度、Kindle版も購入したので、何度目かよくわからないぐらいの再読。本当に素晴らしい本。 書影とAmazonリンク 千年投資の公理 (ウィザードブックシリーズ)作者: パット・ドーシー,鈴木一之,…