精確・迅速・激烈

2027年1月までの日々

2018-12-25から1日間の記事一覧

【23/24】『為政三部書(三事忠告)』 - 『完本 中国古典の人間学 名著二十四篇に学ぶ』を1日1章ずつ読んで年内で読破

www.knynht.jp 『為政三部書(三事忠告)』とは 「多算は少算に勝ち、少算は無算に勝つ」 『三事忠告』は中国の古典籍の一つ。著者は元代の官僚・儒学者の張養浩。民衆を指導していく立場にある政治家・役人が持つべき信念・道徳が書かれた政治指南書。内容…

【22/24】『宋名臣言行録』 - 『完本 中国古典の人間学 名著二十四篇に学ぶ』を1日1章ずつ読んで年内で読破

www.knynht.jp 『宋名臣言行録』とは 「韜晦して圭角を露わすなかれ」 朱熹、尊称として朱子(しゅし) 宋代(九六〇〜一一二六年)に輩出した名臣たちの言行をまとめた本である。登場する人物は九十七人、いずれも当代を代表する政治家たちで、彼らの政治に…

【21/24】『貞観政要』 - 『完本 中国古典の人間学 名著二十四篇に学ぶ』を1日1章ずつ読んで年内で読破

www.knynht.jp 『貞観政要』とは 「林深ければ鳥棲み、水広ければ魚遊ぶ」 貞観政要 - Wikipedia 貞観政要(じょうがんせいよう)は、唐代に呉兢が編纂したとされる太宗の言行録である。題名の「貞観」は太宗の在位の年号で、「政要」は「政治の要諦」をいう…

【20/24】『顔氏家訓』 - 『完本 中国古典の人間学 名著二十四篇に学ぶ』を1日1章ずつ読んで年内で読破

www.knynht.jp 『顔氏家訓』とは 「読書学問する所以は、もと心を開き目を明らかにし、行いに利せんと欲するのみ」 韓非子 - Wikipedia 『顔氏家訓』(がんしかくん)とは、中国北斉の顔之推が著した家訓、つまり子々孫々に対する訓戒の書である。全7巻(明…

【19/24】『韓非子』 - 『完本 中国古典の人間学 名著二十四篇に学ぶ』を1日1章ずつ読んで年内で読破

www.knynht.jp 『韓非子』とは 「事は密なるを以って成り、語は泄るるを以って敗る」 韓非子 - Wikipedia 『韓非子』(かんぴし)は、中国戦国時代の法家である韓非の著書。内容は春秋戦国時代の思想・社会の集大成と分析とも言えるものである。 引用・感想 …