精確・迅速・激烈

2027年1月までの日々

中国古典

【24/24】『菜根譚』 - 『完本 中国古典の人間学 名著二十四篇に学ぶ』を1日1章ずつ読んで年内で読破

www.knynht.jp 『菜根譚』とは 「伏すこと久しきは飛ぶこと必ず高し」 うちの職場に弁当を届けてくれる業者「菜根譚」 菜根譚 - Wikipedia 菜根譚(さいこんたん)は、中国の古典の一。前集222条、後集135条からなる中国明代末期のものであり、主として前集…

【23/24】『為政三部書(三事忠告)』 - 『完本 中国古典の人間学 名著二十四篇に学ぶ』を1日1章ずつ読んで年内で読破

www.knynht.jp 『為政三部書(三事忠告)』とは 「多算は少算に勝ち、少算は無算に勝つ」 『三事忠告』は中国の古典籍の一つ。著者は元代の官僚・儒学者の張養浩。民衆を指導していく立場にある政治家・役人が持つべき信念・道徳が書かれた政治指南書。内容…

【22/24】『宋名臣言行録』 - 『完本 中国古典の人間学 名著二十四篇に学ぶ』を1日1章ずつ読んで年内で読破

www.knynht.jp 『宋名臣言行録』とは 「韜晦して圭角を露わすなかれ」 朱熹、尊称として朱子(しゅし) 宋代(九六〇〜一一二六年)に輩出した名臣たちの言行をまとめた本である。登場する人物は九十七人、いずれも当代を代表する政治家たちで、彼らの政治に…

【21/24】『貞観政要』 - 『完本 中国古典の人間学 名著二十四篇に学ぶ』を1日1章ずつ読んで年内で読破

www.knynht.jp 『貞観政要』とは 「林深ければ鳥棲み、水広ければ魚遊ぶ」 貞観政要 - Wikipedia 貞観政要(じょうがんせいよう)は、唐代に呉兢が編纂したとされる太宗の言行録である。題名の「貞観」は太宗の在位の年号で、「政要」は「政治の要諦」をいう…

【20/24】『顔氏家訓』 - 『完本 中国古典の人間学 名著二十四篇に学ぶ』を1日1章ずつ読んで年内で読破

www.knynht.jp 『顔氏家訓』とは 「読書学問する所以は、もと心を開き目を明らかにし、行いに利せんと欲するのみ」 韓非子 - Wikipedia 『顔氏家訓』(がんしかくん)とは、中国北斉の顔之推が著した家訓、つまり子々孫々に対する訓戒の書である。全7巻(明…

【19/24】『韓非子』 - 『完本 中国古典の人間学 名著二十四篇に学ぶ』を1日1章ずつ読んで年内で読破

www.knynht.jp 『韓非子』とは 「事は密なるを以って成り、語は泄るるを以って敗る」 韓非子 - Wikipedia 『韓非子』(かんぴし)は、中国戦国時代の法家である韓非の著書。内容は春秋戦国時代の思想・社会の集大成と分析とも言えるものである。 引用・感想 …

【18/24】『管子』 - 『完本 中国古典の人間学 名著二十四篇に学ぶ』を1日1章ずつ読んで年内で読破

www.knynht.jp 『管子』とは 「倉廩実ちて礼節を知り、衣食足りて栄辱を知る」 管子 - Wikipedia 『管子』(かんし、中国語: 管子; ピン音: Guǎnzi)は、管仲に仮託して書かれた法家の書物。管仲の著書だと伝えられているが、篇によって思想や言い回しが異な…

【17/24】『荘子』 - 『完本 中国古典の人間学 名著二十四篇に学ぶ』を1日1章ずつ読んで年内で読破

www.knynht.jp 『荘子』とは 「寿ければ辱多し」 荘子 (書物) - Wikipedia 『荘子』(そうじ、そうし)は、荘子(荘周)の著書とされる道家の文献。 現存するテキストは、内篇七篇・外篇十五篇・雑篇十一篇の三十三篇で構成される。 引用・感想 『荘子』とい…

【16/24】『老子』 - 『完本 中国古典の人間学 名著二十四篇に学ぶ』を1日1章ずつ読んで年内で読破

www.knynht.jp 『老子』とは 「足るを知れば辱められず」 伝習録 - Wikipedia 老子(ろうし)は、中国春秋時代における哲学者である。諸子百家のうちの道家は彼の思想を基礎とするものであり、また、後に生まれた道教は彼を始祖に置く。「老子」の呼び名は「…

【15/24】『伝習録』 - 『完本 中国古典の人間学 名著二十四篇に学ぶ』を1日1章ずつ読んで年内で読破

www.knynht.jp 『伝習録』とは 「人生の大病は、只これ一の傲の字なり」 王陽明 伝習録 - Wikipedia 『伝習録』(旧字:傳習録、でんしゅうろく)は、中国の明の時代に、王陽明が起こした儒学の教え・陽明学の入門書。王陽明自身には、自ら著した書物がほと…

【14/24】『近思録』 - 『完本 中国古典の人間学 名著二十四篇に学ぶ』を1日1章ずつ読んで年内で読破

www.knynht.jp 『近思録』とは 「学ばざれば便ち老いて衰う」 朱熹、尊称として朱子(しゅし) 近思録 - Wikipedia 『近思録』(きんしろく)は、朱熹と呂祖謙が周濂渓、張横渠、程明道、程伊川の著作から編纂した、1176年に刊行された朱子学の入門書である…

【13/24】『孟子』 - 『完本 中国古典の人間学 名著二十四篇に学ぶ』を1日1章ずつ読んで年内で読破

www.knynht.jp 『論語』とは 「青はこれを藍より取りて而も藍より青し」 荀子 - Wikipedia 荀子(じゅんし、紀元前313年?- 紀元前238年以降)は、中国戦国時代末の思想家・儒学者。諱は況。尊称して荀卿とも呼ばれる。漢代には孫卿とも呼ばれた。 引用・感…

【12/24】『孟子』 - 『完本 中国古典の人間学 名著二十四篇に学ぶ』を1日1章ずつ読んで年内で読破

www.knynht.jp 『論語』とは 「恒産なければ、因って恒心なし」 孟子 - Wikipedia 孟子(もうし、簡体字: 孟子、拼音: Méngzǐ、紀元前372年? - 紀元前289年)は、中国戦国時代の儒学者。姓は姫、氏は孟、諱は軻(か)、字は子輿(しよ)。亜聖(あせい)とも…

【11/24】『論語』 - 『完本 中国古典の人間学 名著二十四篇に学ぶ』を1日1章ずつ読んで年内で読破

www.knynht.jp 『論語』とは 「君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず」 論語 - Wikipedia 『論語』(ろんご、拼音: Lúnyǔ)とは、孔子と彼の高弟の言行を孔子の死後、弟子達が記録した書物である。『孟子』『大学』『中庸』と併せて朱子学における「四書…

【10/24】『三十六計』 - 『完本 中国古典の人間学 名著二十四篇に学ぶ』を1日1章ずつ読んで年内で読破

www.knynht.jp 『三十六計』とは 「微隙のあるは必ず乗ずる所なり」 兵法三十六計 - Wikipedia 『兵法三十六計』(へいほうさんじゅうろっけい、中: 三十六計)は、魏晋南北朝時代の中国の兵法書。兵法における戦術を六系統・三十六種類に分類した内容である…

【9/24】『諸葛亮集』 - 『完本 中国古典の人間学 名著二十四篇に学ぶ』を1日1章ずつ読んで年内で読破

www.knynht.jp 『諸葛亮集』とは 「およそ謀の道は周密を宝となす」 明の時代の三才図会の諸葛亮の絵 諸葛亮 - Wikipedia 諸葛亮(しょかつ りょう、拼音: Zhūgě Liàng ジューガー リァン、181年 - 234年)は、中国後漢末期から三国時代の蜀漢の政治家・軍師…

【8/24】『六韜・三略』 - 『完本 中国古典の人間学 名著二十四篇に学ぶ』を1日1章ずつ読んで年内で読破

www.knynht.jp 『六韜・三略』とは 「およそ謀の道は周密を宝となす」 明初に描かれた渭水での呂尚と文王の邂逅 六韜三略 - Wikipedia 『六韜』(りくとう)は、中国の代表的な兵法書で、武経七書の一つ。このうちの『三略』と併称される。「韜」は剣や弓な…

【7/24】『呉子』 - 『完本 中国古典の人間学 名著二十四篇に学ぶ』を1日1章ずつ読んで年内で読破

www.knynht.jp 『呉子』とは 「兵を用うるの害は、猶予最大なり。三軍の災は狐疑より生ず」 呉子 - Wikipedia 『呉子』(ごし)は、春秋戦国時代に著されたとされる兵法書。武経七書の一つ。古くから『孫子』と並び評されていた。しかし著者ははっきりとしな…

【6/24】『孫子』 - 『完本 中国古典の人間学 名著二十四篇に学ぶ』を1日1章ずつ読んで年内で読破

www.knynht.jp 『孫子』とは 「兵は詭道なり」 孫子 (書物) - Wikipedia 『孫子』(そんし)は、紀元前500年ごろの中国春秋時代の軍事思想家孫武の作とされる兵法書。武経七書の一つ。古今東西の兵法書のうち最も著名なものの一つである。紀元前5世紀中頃か…

【5/24】『十八史略』 - 『完本 中国古典の人間学 名著二十四篇に学ぶ』を1日1章ずつ読んで年内で読破

www.knynht.jp 『十八史略』とは 「一利を興すは一害を除くに若かず」 「楊貴妃図」高久靄崖筆 静嘉堂文庫美術館蔵 十八史略 - Wikipedia 『十八史略』(じゅうはっしりゃく)は、南宋の曾先之によってまとめられた中国の子供向けの歴史読本。三皇五帝の伝説…

【4/24】『三国志』 - 『完本 中国古典の人間学 名著二十四篇に学ぶ』を1日1章ずつ読んで年内で読破

www.knynht.jp 『三国志』とは 「智は禍を免るるを貴ぶ」 三国志 (歴史書) - Wikipedia 『三国志』(さんごくし)は、中国・西晋代の陳寿の撰による、三国時代について書かれた歴史書。後漢の混乱期から、西晋による三国統一までの時代を扱う。二十四史の一…

【3/24】『史記』 - 『完本 中国古典の人間学 名著二十四篇に学ぶ』を1日1章ずつ読んで年内で読破

www.knynht.jp 『史記』とは 「時は得難くして、失い易し」 史記 - Wikipedia 『史記』(しき)は、中国前漢の武帝の時代に司馬遷によって編纂された中国の歴史書である。正史の第一に数えられる。二十四史のひとつ。計52万6千5百字。 引用・感想 歴史書と聞…

【2/24】『戦国策』 - 『完本 中国古典の人間学 名著二十四篇に学ぶ』を1日1章ずつ読んで年内で読破

www.knynht.jp 『戦国策』とは 「大功を成す者は衆に謀らず」 『完本 中国古典の人間学 名著二十四篇に学ぶ』 戦国策 - Wikipedia 『戦国策』(せんごくさく)は、前漢の劉向の撰になり、戦国時代の遊説の士の言説、国策、献策、その他の逸話を国別に編集し…

【1/24】『左伝』 - 『完本 中国古典の人間学 名著二十四篇に学ぶ』を1日1章ずつ読んで年内で読破

www.knynht.jp 『左伝』とは 「己を修めて人を責めざれ場、則ち難より免る」 文化遺産オンラインより 春秋左氏伝 - Wikipedia 『春秋左氏伝』(しゅんじゅうさしでん、旧字:春秋左氏傳、拼音: Chūnqiū Zuǒshìzhuàn)は、孔子の編纂と伝えられている歴史書『…

守屋洋『完本 中国古典の人間学 名著二十四篇に学ぶ』を1日1章ずつ読んで年内で読破というプラン

積読になっていた『完本 中国古典の人間学 名著二十四篇に学ぶ』 13億人いる中国人ってどんな人なの、ということが知りたくて購入した本書。完全に本棚の肥やしになっていたのだが、年の瀬も押し迫ってきて、今年も残すところあと25日。本書は古典24冊を解説…