精確・迅速・激烈

2027年1月までの日々

新聞

【新聞】2019年上半期を振り返る「日経MJ上期ヒット商品番付」発表、「令和」が横綱相撲

2019年「日経MJ上期ヒット商品番付」発表 2019年6月5日・日経MJ1面より 毎回楽しみにしている日経MJの「ヒット商品番付」の2019年上期分が発表されたので記録として。昨年末に発表された2018年版は以下。www.knynht.jp 日経MJヒット商品番付 番付は以下の結…

【新聞】書評『大戦略論』ジョン・ルイス・ギャディス

2019年2月16日・日本経済新聞朝刊29面より ずっと気になっている『戦略の世界史』と合わせて、ハイアットに3日ぐらいこもって読みたい。 本書は大戦略をリーダーが達成したい願望と自らの能力を釣り合わせることと定義している。願望は人間の欲望によって無…

2019年2月の読書計画

2月はあまり読書の時間が確保できそうにないので、いつもの乱読ではなく、ある程度テーマを決めて計画的に本を読んでいうということで、以下の本を以下の順番で読んでいくことにした。初読・再読ごちゃ混ぜだが、テーマとしては「投資手法の確認とブラッシュ…

【読了】遊ぶように日経を読め - 『日経新聞マジ読み投資術』渡部清二

普段、楽しく読んでいる日本経済新聞を、もっと味わい尽くしたいということで購入。同じく、会社四季報もねぶり尽くしたいので、同じ著者の以下の2冊も待機中。会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方作者: 渡部清二出版社/メーカー: 東洋経済新報…

【新聞】安倍首相の施政方針演説を聞いた韓国・中央日報の東京特派員「残念、こう言え、謙虚さが足りない、説明が不十分、反省しろ、不満」

ここまで文句しかなかったら、もやはイチャモンじゃんというか、クレーマーに近いじゃん。 2019年1月29日・日本経済新聞朝刊4面より 安倍晋三首相が28日に衆参両院で行った施政方針演説について、米国、ロシア、中国、韓国それぞれの海外メディアの東京特派…

【新聞】「インデックス・ファンドの父」ジョン・ボーグル氏死去(2019年1月16日、享年89歳)

2019年1月22日・日本経済新聞朝刊7面より

【新聞】小中学校の給食費を PTA の親が戸別訪問して集金する地獄のようなシステムが実在するらしい(福岡県柳川市)

2018年12月31日・朝日新聞朝刊20面より(西部本社版) 福岡県の柳川市の小中学校、給食費を PTA の「給食費徴収係」的な役割の保護者が戸別訪問して集めて回るシステムらしい。なんなの、その地獄。 市教委によると、私立小中学25校のうち小学1校を除き、PTA…

【新聞】2018年テレビCMトップ10(日経MJ調べ)

2018年12月28日・日経MJ14面より 日経MJ が、2018年のテレビCMトップ10を発表していた。「識者」8人からの回答ということで、ランキング自体に意味があるのかどうかよくわからんが、自宅ではテレビで CATV か NHK しか流していないので、ざっと今年の流行り…

【新聞】華為技術(ファーウェイ)が日経新聞に怒りの意見広告

日本経済新聞に華為技術(ファーウェイ)の日本法人が一面意見広告を出稿していた。静かな憤りを感じる。 2018年12月27日・日本経済新聞朝刊28面より 華為技術日本株式会社(ファーウェイ・ジャパン)より日本の皆様へ 華為技術(ファーウェイ)は世界市場を…

【新聞】疾走するトランプが、本書を置き去りにしていく - 書評『FEAR 恐怖の男』ボブ・ウッドワード

『FEAR 恐怖の男』ボブ・ウッドワード 少し前に購入して読み始めたのだが、本の内容を現実が完全に置き去りにして疾走しているので、読むのをやめた。おそらくこのまま読まずに処分する。トランプは疾走する 2018年12月22日・日本経済新聞朝刊27面より トラ…

【新聞】貧乏臭い役人が日本を滅ぼす(「文科省、謝礼肩代わり依頼 ベネッセ側に416万円 米識者招請」)

文科省 米国識者へ謝礼416万円払えず 2018年12月19日・朝日新聞朝刊35面より digital.asahi.com 文部科学省が昨年、大学の評価のために米国から2人の委員を招いた際、1日あたり約50万円の謝礼を求められたものの、国の基準の約2万円しか支出できず、差額分を…

【新聞】書評『戦略の世界史(上・下)』ローレンス・フリードマン

2018年12月15日・日本経済新聞朝刊29面より Amazon がすごくレコメンドしてくるので気にはなっていたのだが、上下巻合わせて7,000円(税別)に躊躇していた。書評を読む限り、よさそうだし、正月読書用として購入してみる。 著者によると、戦略とは知性を生…

【新聞】安藤礼二『大拙』(日本経済新聞と朝日新聞にそれぞれ書評が掲載)

安藤礼二『大拙』の書評 2018年12月8日・日本経済新聞朝刊32面より www.nikkei.com 文明開化を迎えた明治日本において、第四高等中学中退の大拙は、その制度の外を生きるしかなかったが、そこから次第に「近代文明」では拾い切れない「心」の領域へと踏み入…

【新聞】平成最後の「日経MJヒット商品番付」発表、2018年は何が流行ったのか

2018年「日経MJヒット商品番付」発表 2018年12月5日・日経MJ1面より 毎回楽しみにしている日経MJの「ヒット商品番付」が発表された。その年の流行を番付形式で振り返るというもので、今回が平成最後。この記事を目にすると、年の瀬感が高まってくる。 日経MJ…

【新聞】日本総ブラック化、大学のサークルにもノルマや報酬、さらには罰金がある時代

2018年12月3日・日本経済新聞夕刊9面より 大学のサークルまでブラック化している模様。日本総ブラック化の時代。強盗容疑で逮捕された学生については、ブラック通り越して犯罪だけど。 イベントサークルの運営費を取り立てるため男子大学生からバッグを奪っ…

【新聞】書評『セゾン 堤清二が見た未来』石川尚史(朝日新聞論説委員)

2018年12月1日・朝日新聞朝刊24面より 『セゾン 堤清二が見た未来』の書評。先日読了して、あれこれ考えているタイミングでの書評掲載。よくまとまっている。 堤は父から引き継いだデパートに「ブランドや文化の“香水”をふりかけて、一流百貨店の仲間入りを…

【新聞】SMBCコンサルティングの2018年「ヒット商品番付」発表、本庶佑・大坂なおみ・大谷翔平など

2018年12月1日・朝日新聞朝刊8面より SMBCコンサルティングが2018年の「ヒット商品番付」を発表したとのこと。楽しみにしている、日経MJ が半年ごとに発表する「日経MJヒット商品番付」もそろそろ発表のはず。 【東】 番付 【西】 ノーベル医学生理学賞 横綱…

【新聞】トランプ大統領と金正恩が股間で握手する「米朝会談ドレス」酷評

2018年12月1日・朝日新聞朝刊11面より シンガポールのミス・ユニバース代表が世界大会で着る予定のドレスが、ぶっ叩かれている模様。確かにかなりパンチの効いたデザイン。トランプ大統領と金正恩が股間で握手する「米朝会談ドレス」 一方、握手の絵がドレス…

【新聞】トラブル時に費用を抑えて弁護士に相談できる「弁護士保険」

2018年12月1日・日本経済新聞より 弁護士保険は、保険金額が少ない「少額短期保険」。法的なトラブルの解決を頼んだり相談したりする際に、必要な費用を補償する。人身事故や物損事故、街中で絡まれるといった偶発事故から、パワハラやセクハラ、いじめ、ネ…