精確・迅速・激烈

2027年1月までの日々

【新聞】書評『戦略の世界史(上・下)』ローレンス・フリードマン

2018年12月15日・日本経済新聞朝刊29面より

Amazon がすごくレコメンドしてくるので気にはなっていたのだが、上下巻合わせて7,000円(税別)に躊躇していた。書評を読む限り、よさそうだし、正月読書用として購入してみる。

f:id:KCYS:20181215060723j:plain

著者によると、戦略とは知性を生かして相手より優位に立ち勝利するための計画で、欺きや脅し、交渉や説得、暴力や心理的効果、他者との連携や離反など様々な要素を含む。

本書全体を貫くテーマは、戦争計画としての戦略と、政治やビジネスにおける戦略的思考に共通するエッセンスとは何か、という問いである。


リンク

戦略の世界史(上) 戦争・政治・ビジネス

戦略の世界史(上) 戦争・政治・ビジネス

戦略の世界史(下) 戦争・政治・ビジネス

戦略の世界史(下) 戦争・政治・ビジネス