精確・迅速・激烈

2027年1月までの日々

ライザップ【2928】の役員人事発動で M&A路線の「戦犯」が明らかに

RIZAPグループ株式会社【2928】の負ののれんを活用した利益かさ上げ路線の「戦犯」が、昨年12月28日の適時開示で発表されたので、記録として。ちなみに役員人事は本日発動。

内容としては、

  1. 松本晃代表取締役が代表権を返上
  2. 取締役を12人から5人へ
  3. 取締役を退く7人のうち5人は執行役員に就任
  4. 残りの2人は業績悪化の引き金となった M&A推進の責任をとって「一身上の都合」で退任

適時開示で、上記内容が一覧表でまとめられている。

f:id:KCYS:20190101072740p:plain


ということで、ライザップが発表した「戦犯」は以下の2名。

加藤健生氏

f:id:KCYS:20190101073128p:plain

加來武宜氏

f:id:KCYS:20190101073246p:plain


もちろん「大戦犯」は創業者である代表取締役社長の瀬戸健氏ではあるのだが、目立つ企業がわかりやすい形で「戦犯」を明らかにするのが珍しかったので、記録として。

人は変われる。──ライザップで証明された自分を変える極意

人は変われる。──ライザップで証明された自分を変える極意