精確・迅速・激烈

2027年1月までの日々

【読了】『お金と心 200パーセントのしあわせ持ちになれるシンプルな生き方』岡本和久

投資教育家&ファイナンシャル・ヒーラー®であり、そしてなによりも、超越瞑想の実践者である岡本和久氏による、お金と心についての本。俺自身も超越瞑想者で、2015年から1回20分の瞑想を1日2回している。ということで、内容的には、お金・投資・瞑想についてのシンプルで基本的は入門書。投資に関してはグローバル株式のインデックスファンドにドル・コスト平均法で長期積立投資とオーソドックスなものだし、超越瞑想に関しても俺にとっては特に新しい内容はなかったが、投資や瞑想に興味がある人には、読みやすくていい。

書影とAmazonリンク

f:id:KCYS:20190126101259j:plain

お金と心――200パーセントのしあわせ持ちになれるシンプルな生き方

お金と心――200パーセントのしあわせ持ちになれるシンプルな生き方

目次

第1章 学びの時代~お金の基礎知識を得る
 1.たまには人生について考えてみよう
 2.お金について考えてみよう
 3.ハッピー・マネー®四分法
 4.大人のためのハッピー・マネー®四分法
 5.お金で注意すること
第2章 働きの時代~将来のための資産運用をする
 1.今の自分が将来の自分を支える
 2.すでに資産運用は始まっている
 3.かんたんすぎる資産運用
 4.六つの疑問に答える
 5.運用耐久力こそ成功の鍵
第3章 瞑想でつかむ200パーセントの人生
 1.瞑想って何?
 2.瞑想の効果
 3.ヴェーダ、老荘思想、和の文化と資産運用
 4.瞑想と教育
第4章 私の人生と瞑想
 1.15年サイクルの人生
 2.私にとってのTM効果
第5章 遊びの時代~「しあわせ持ち」へのロードマップ
 1.「遊びの時代」のお金との付き合い方
 2.「遊びの時代」をどう生きるか
 3.リタイアメント後の資産運用
 4.幸福感が最大化するシニアライフ

引用

投資教育用ブタさん貯金箱について、23ページ

それぞれの部屋にはセイブ、スペンド、ドネイト、インベストと書かれています。私は、西武は「ためる」、スペンドは「つかう」、ドネイトは「ゆずる」、インベストは「ふやす」と訳すことにしました。同時に「ハッピー・マネー」という言葉を商標登録し、この四つのお金の使い方を「ハッピー・マネー®四分法」と名付けました。こうして私の子ども向け投資教育にピギーちゃんという強い味方が加わり、活動に拍車がかかり始めたのです。

なお、ピギーちゃんは以下のサイトでお求めになれます。

f:id:KCYS:20190126103037g:plain
I-O ウェルス・アドバイザーズ公式ウェブサイトより

息子と娘用に買った。

50ページ

最も幸福感を大きくしてくれるお金の使い方が、ハッピー・マネー®四分法です。これが「ためる」「つかう」「ゆずる」「ふやす」です。「つかう」は今の自分のため、「ためる」は少し先の自分のため、「ゆずる」は困っている人や世の中のため、そして「ふやす」はお金を働きに出すことです。お金を必要とする会社にお金を使ってもらい社会のためになることをしてもらう。そして、世の中から受け取る感謝のしるしのお金が将来の自分のもとに戻ってくる。

185ページ

開運の秘訣に「開眉仰月口」というのがあります。眉を開いて月を仰ぐように口の両端を少し上げておくと、とてもいい顔になります。(略)反対は「寄眉覆船口」です。

リンク

書店にあまり置いてないし、Amazon も届くのが遅いので、Kindle版がいいかも。出版社が知玄社という小さな会社で、あまり流通が強くない模様。

お金と心――200パーセントのしあわせ持ちになれるシンプルな生き方

お金と心――200パーセントのしあわせ持ちになれるシンプルな生き方

お金と心――200パーセントのしあわせ持ちになれるシンプルな生き方

お金と心――200パーセントのしあわせ持ちになれるシンプルな生き方