精確・迅速・激烈

2027年1月までの日々

【読了】正しい人に正しく憧れること - 『勘違いエリートが真のバリュー投資家になるまでの物語 』ガイ・スピア

読み物としても面白いので、今までに3回ぐらい読んでいるが、再再々読。バフェットやマンガーに憧れて目をキラキラさせている著者の息遣いが感じられる、率直な好著。

Embed from Getty Images

書影とAmazonリンク

f:id:KCYS:20190209143034j:plain

勘違いエリートが真のバリュー投資家になるまでの物語 (ウイザードブックシリーズVol.230)

勘違いエリートが真のバリュー投資家になるまでの物語 (ウイザードブックシリーズVol.230)

勘違いエリートが真のバリュー投資家になるまでの物語

勘違いエリートが真のバリュー投資家になるまでの物語

目次

監修者まえがき
序章
第1章 窮地からウォーレン・バフェットへ
第2章 エリート教育の危険性
第3章 火渡り――バリュー投資家としての第一歩
第4章 ニューヨークの渦
第5章 達人との出会い
第6章 バフェットとの昼食会
第7章 金融危機――渦のなかへ
第8章 私なりのオマハを目指して――理想の環境を作る
第9章 楽しく暮らすことを目指して――新たな楽しみを探す
第10章 投資のツール――より良い方法を構築する
第11章 投資家のチェックリスト――外科医の生き残り戦略
第12章 バフェット-パブライ式の仕事の仕方
第13章 本当に価値あるものを探究する
謝辞
参考文献と推奨図書

引用

27ページ

環境は自分で変えられると思いたいが、実際には自分のほうが変わってしまう。だからこそ、正しい環境を注意深く選ばなければならないのである。

40ページ

バリュー投資というのは、自分の道を行かなければならない。バリュー投資を追求することは、みんなが間違っていることを見つけ、その誤解を利用して利益を上げることに尽きるからだ。しかし、それをするためには、自分を「内なるスコアカード」で評価するように変わらなければならない。

71ページ

投資家はみんな短所を持っている。しかし、カギとなるのは自分自身を受け入れ、それぞれの人の違いと限界を理解し、それに対処することだと、だんだん分かってきた。

73ページ

バフェットとマンガーは、嫉妬は七つの大罪のなかで唯一楽しくないものだと笑っている。マンガーはさらに、「嫉妬すると正気を失う。百パーセント破壊的で、……若いうちに排除することができれば、人生はもっとうまくいく」とも言っている。

117ページ

彼(バフェット)は、人生を自分に適合させることで楽しめるように設計していた。私が、バークシャーの独特な分権構造は意図的に構築したものかと尋ねると、彼の性格に合っているからそうしているだけで、リターンを最大にするためではない、という答えが返ってきた。

121ページ

バフェットと競うのではなく、現実的な目標、つまりできるかぎり最高のガイ・スピアになることに集中すればよいのだ。そう思うと、バフェットの好きなジョークを思い出した。「どうすればボビー・フィッシャーを負かすことができるのか」。答えは、「チェス痛いで挑む」。

143ページ

そもそも心は混乱するので、投資という課題には痛ましいほどに適していない。

149ページ

つまり、私たちは、非合理的な脳で、過度に単純化された経済理論を使って、この信じられないほど複雑な世界をなんとか理解しようとしていたのである。勝率は推して知るべしだ。

190ページ

多くの投資方は、株価を毎日どころか、毎分チェックしている。しかし、それをしていると私たちの脳は奇妙な誤作動を起こし、株は自分が見ていることを知っている、などと思ってしまうことがある。それどころか、常に注目していないと、何か悪いことが起こるのではないかなどと不安になることすらある。

237ページ

私は評価額を時系列で相対的に見るという典型的な間違いを犯していた。あのとき私は、「この株価は絶対的に見て安いのか」と自問すべきだった。

242ページ

実際、最高の学びの環境は、正しい人に囲まれていることだ。チャリティー昼食会でバフェットがパブライと私に次のように言った。「自分よりも優れた人たちと一緒に入れば、いやでも向上しますよ」

リンク

著者ガイ・スピアのアクアマリン・ファンドの公式ウェブサイト。ブックガイドとしても。

Amazonリンク

勘違いエリートが真のバリュー投資家になるまでの物語 (ウイザードブックシリーズVol.230)

勘違いエリートが真のバリュー投資家になるまでの物語 (ウイザードブックシリーズVol.230)

勘違いエリートが真のバリュー投資家になるまでの物語

勘違いエリートが真のバリュー投資家になるまでの物語