精確・迅速・激烈

2027年1月までの日々

【読了】52の処世術 - 『Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法』ロルフ・ドベリ

買ってしばらく放置していたが、読み始めたら一気だった。52の処世術を並べているのが、もとは新聞の連載コラムなので、好きなところから読める。ソースは、心理学・ストア派の思想・バリュー投資。


読んだところで、いきなり人生が好転するわけではないが、読んで損はない。

書影とAmazonリンク

f:id:KCYS:20190525124815j:plain

Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法

Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法

目次

1, 考えるより、行動しよう
2, なんでも柔軟に修正しよう
3, 大事な決断をするときは、十分な選択肢を検討しよう
4, 支払いを先にしよう
5, 簡単に頼みごとに応じるのはやめよう
6, 戦略的に「頑固」になろう
7, 好ましくない現実こを受け入れよう
8, 必要なテクノロジー以外は持たない
9, 幸せを台無しにするような要因を取り除こう
10, 謙虚さを心がけよう
11, 自分の感情に従うのはやめよう
12, 本音を出しすぎないようにしよう
13, ものごとを全体的にとらえよう
14, 買い物は控えめにしよう
15, 貯金をしよう
16, 自分の向き不向きの境目をはっきりさせよう
17, 静かな生活を大事にしよう
18, 天職を追い求めるのはやめよう
19, SNSの評価から離れよう
20, 自分と波長の合う相手を選ぼう
21, 目標を立てよう
22, 思い出づくりよりも、いまを大切にしよう
23, 「現在」を楽しもう
24, 本当の自分を知ろう
25, 死よりも、人生について考えよう
26, 楽しさとやりがいの両方を目指そう
27, 自分のポリシーをつらぬこう
28, 自分を守ろう
29, そそられるオファーが来た時の判断を誤らない
30, 不要な心配事を避けよう
31, 性急に意見を述べるのはやめよう
32, 「精神的な砦」を持とう
33, 嫉妬を上手にコントロールしよう
34, 解決よりも、予防をしよう
35, 世界で起きている出来事に責任を感じるのはやめよう
36, 注意の向け方を考えよう
37, 読書の仕方を変えてみよう
38, 自分の頭で考えよう
39, 「心の引き算」をしよう
40, 相手の立場になってみよう
41, 自己憐憫に浸るのはやめよう
42, 世界の不公平さを受け入れよう
43, 形だけを模倣するのはやめよう
44, 専門分野を持とう
45, 軍拡競争に気をつけよう
46, 組織に属さない人たちと交流を持とう
47, 期待を管理しよう
48, 本当に価値のあるものを見きわめよう
49, 自分を重要視しすぎないようにしよう
50, 世界を変えるという幻想を捨てよう
51, 自分の人生に集中しよう
52, 内なる成功を目指そう

引用

46ページ

アメリカの心理学者でノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマンが「ピーク・エンドの法則」と呼んでいる法則がある。私たちが旅行に出かけた時の記憶に残るのは、その旅の「ピーク」と「終わり」だ毛で、残りは忘れ去られてしまう、という法則だ。

75・76ページ

「反生産性」とはつまり、「テクノロジーの多くは、一見それによって時間とお金を節約できているように見えても、実際にかかったコストを計算してみたとたんに、その節約分など消えてしまう」という事実を表している。

98・99ページ

心理学には、「自己内観における錯覚」という言葉がある。自分の思考を省みるだけで、自分が実は何に向いているかとか、何にもっとも幸せを感じるかとか、また自分の人生の目標や人生の意義までもが徹底的に究明できるという「思い込み」を表す言葉である。

114ページ

ノーベル経済学賞を受賞した心理学者のダニエル・カーネマンは、次のように説明している。フォーカシング・イリュージョンとは「特定のことについて集中して考えているあいだはそれが人生お重要な要素のように思えても、実際にはあなたが思うほど重要なことでもなんでもない」という錯覚を表す言葉だと。

155ページ

「神経衰弱に陥りやすい人の特徴のひとつは、自分の仕事を極端に重視していることだ」と、イギリスの哲学者バートランド・ラッセルは書いている。

250ページ

私たちの脳は、意見を噴き出す火山のようなもの。ひっきりなしに何かに対する意見や個人的な見解を発信している。訊かれた質問が自分に関係あろうがなかろうが、複雑だろうが単純だろうか、答えられる質問だろうが答えられない質問だろうが、そんなことには関係なく、脳は答えを紙ふぶきのようにまき散らす。

253ページ

意見がないことはまた、財産でもある。現代が抱える問題点は、情報の過多ではなく、意見の過多だからだ。

289ページ

すでに「時間」と「お金」の大切さはすでによく知られていて、「労働」と「資本」という呼び名で学術研究の対象にすらなっている。だが私たちは「注意」に関してはほとんどわかってない。

403ページ

「技術が発明者を発見するのであって、発明者が技術を発見するのではない」とリドレーは結論づけている。

ここで出てくる「リドレー」はマット・リドレー氏のこと。

進化は万能である 人類・テクノロジー・宇宙の未来 (早川書房)

進化は万能である 人類・テクノロジー・宇宙の未来 (早川書房)

Amazonリンク

単行本

Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法

Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法

Kindle版

Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法

Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法