精確・迅速・激烈

2027年1月までの日々

【感想】Amazon で繰り広げられる多産多死の蠱毒 - 『amazon 世界最先端の戦略がわかる』成毛眞

成毛眞氏(@makoto_naruke)による、2018年後半時点での「アマゾン概観」

f:id:KCYS:20190119194136j:plain

おそらくこれからもずっと、「アマゾン本」というのは出版された時点ですでに時代遅れになる、負け戦を宿命づけられたものなのだろうが、このイノベーティブかつグロテスクな、妖怪の鵺(ぬえ)みたいな企業の、なんとなくの全体像をどこかの時点で把握しておきたいのなら、この手の本を読むしかなく、とりあえず2019年1月時点で日本で読める「アマゾン本」としては最新。アマゾンは、本の出版のサイクルをはるかに後ろに置いて、走り去る。

amazon 世界最先端の戦略がわかる

amazon 世界最先端の戦略がわかる


感想

社是である「地球上で最も豊富な品揃え」と「地球上で最もお客様を大切にできる企業であること」を錦の御旗に、お客様以外の、それこそ自社サービスまで含めたあらゆるものの死屍累々を築きながら突っ走るアマゾン。便利だけど、怖い。

アマゾンがこれまで撤退した事業一覧(261ページ)

f:id:KCYS:20190119233813j:plain

開始
(年)
終了
(年)
事業名
1999 2000 アマゾン・オークションズ
1999 2007 Zショップス
2004 2008 検索エンジン「A9」
2006 2013 アスクビル(Q&Aサイト)
2006 2015 アンボックス(テレビ番組や映画の購入・レンタル)
2007 2012 エンドレス・ドットコム(靴とハンドバッグの専門サイト)
2007 2014 アマゾン・ウェブペイ(P2P送金)
2009 2012 ペイフレーズ(合言葉による決済)
2010 2016 ウェブストア(オンラインストア立ち上げ支援)
2011 2016 マイハビット(会員制タイムセール)
2011 2015 アマゾン・ローカル
2011 2015 テストドライブ(アプリの購入前試用)
2012 2015 ミュージック・インポーター(オンゲンアップロードプログラム)
2014 2015 ファイアフォン
2014 2015 アマゾン・エレメンツ(プライベートブランドのおむつ)
2014 2015 アマゾン・ローカルレジスター(モバイル決済)
2014 2015 アマゾン・ウォレット
2015 2015 アマゾン・デスティネーションズ(宿泊予約)

ベイン・アンド・カンパニーによるアマゾンの分析


失敗を厭わず、多産多死を繰り返し、その中から強い子が立ち上がるシステム、すごい。

アマゾンは巨額のキャッシュがあるからこそ、たくさんの投資をつぎ込み、新たな事業を次々と立ち上げられ、そして失敗ができる。

(260ページ)


共食いを推奨するかのような企業文化

結果的にシナジーが生まれることはあるが、基本的には事業間の連携が特に意図されてない、というのにも驚いた。ベゾスはどのようにしてそのようなハンドリングを獲得したのだろう。

ベゾスが求めるのは、協調などするよりは個のアイデアが優先される組織である。つまり、権力が分散され、さらにいえば組織としてまとまりがない企業が理想だという。たとえば、AWS を開発している部署はアマゾンゴーには興味がない。それがいいというのだ。

(356ページ)


ジェフ・ベゾス(人間)に興味が尽きない

Embed from Getty Images

7兆円慰謝料離婚についてもそうだが、やはりアマゾン(企業)より、ジェフ・ベゾス(人間)に興味が尽きない。5年前の書籍になるが、ジェフ・ベゾス(人間)を描いた『ジェフ・ベゾス 果てなき野望 アマゾンを創った無敵の奇才経営者』を再読してみようと思う。

ジェフ・ベゾス 果てなき野望?アマゾンを創った無敵の奇才経営者

ジェフ・ベゾス 果てなき野望?アマゾンを創った無敵の奇才経営者


グラフと図表に注意

あと本書、わかりやすくするためにグラフや図表が豊富に作られているのだが、ちょっとええ加減な仕事が目につくので、気になったらちゃんと自分でグラフを検証するなり元のデータに当たるなりしながら読んだ方がいい。例えば以下の、日本に小売業ランキングにアマゾンのポジションを示したもののなのだが、棒グラフのスケールがめちゃくちゃ。

f:id:KCYS:20190119225833j:plain

3位のファーストリテイリングの1.8兆円が3ミリなので、1位のイオンの48ミリはグラフから読むと約28.8兆円になるのだが、実際は8.3兆円。わざわざこんな意味不明なスケールにする必要も思い当たらないので、ただ単に図表作成係の仕事が雑なのかなんなのか。

リンクと目次

単行本

amazon 世界最先端の戦略がわかる

amazon 世界最先端の戦略がわかる

Kindle版

amazon 世界最先端、最高の戦略

amazon 世界最先端、最高の戦略

目次

序章 アマゾンがなかったら生活できないかも
第1章 圧倒的な商品数と安い値段がどうして可能になるのか
第2章 キャッシュがあるから失敗できる
第3章 アマゾンで一番利益をあげているAWS
第4章 アマゾンの「プライム会員」とは何なのか
第5章 アマゾンから、効率のいいM&Aを知る
第6章 巨大な倉庫と配送力で物流を制す
第7章 プラットフォームの主になるには
第8章 アマゾンを底ざさえするのがテクノロジー