精確・迅速・激烈

2027年1月までの日々

【感想】やらなきゃ意味ないよ - 『知的生活の設計 「10年後の自分」を支える83の戦略』堀正岳

f:id:KCYS:20181125170753j:plain

読了。この手の本は通読する必要はなく、自分にとって役に立ちそうな部分を好き勝手につまんで読めばいい。ただし、総論である SECTION1と2はしっかり読みましょう。著者のブログ『Lifehacking.jp』で「SECTION1 知的生活とはなにか」は全文公開されている。

知的生活の設計―――「10年後の自分」を支える83の戦略

知的生活の設計―――「10年後の自分」を支える83の戦略


本書における「知的生活」の定義は、以下。

新しい情報との出会いと刺激が単なる消費にとどまらず、新しい知的生産につながっている場合

(13ページ)


趣味としての日々の、読書や、動画や映画の視聴、ネットウォッチ、写真を撮ったり、絵を描いたり、ゲームしたり、それ全部、広義の「知的営為」だから。で、そんなお前の生活って戦略的に組み立てたら、いわゆる「知的生活」になるから。で、その「知的生活」って、10年続けたらすごいことになるから。で、その具体的な方法と続けるコツが、これね。あと、「知的生活」ってやっぱり楽しいよ、という本。

この手の本は、読んでいい気持ちになって終わってもなんの役にも立たないので、本書内で紹介されている方法やテクニックやアプリやデバイス、ガジェットを読んだらその日のうちに試すか買うかしましょう。やらなきゃ意味ないよ


以下では、俺が具体的に速攻で実践してみたものを3つ。1冊の本から3つも収穫があれば、儲けものなのだ。

読書のペースとページ数を管理できる iOSアプリ「Bookly」

「14.高すぎる目標よりも、ペースを守ることを重視する」より、日々の読書の量と速度を見える化する iOSアプリ「Bookly」をインストールして使い始めてみた。

Bookly - Read More

Bookly - Read More

  • TwoDoor Games
  • ブック
  • 無料

Booklyの使い方は、今読んでいる本を登録し、読書を始めたときと終えたときににアプリのボタンをタップして、到達したページ数を入力するだけです。するとBooklyはそうした1回の読書で何ページ進んだのか、ページあたりの平均時間、あと何分で本を読み終えることができるのかといったデータを表示してくれます。

(62ページ)


リンクできるメモ「Scrapbox」

「38.思考を保存することができる新感覚のツール、Scrapbox」より、ウェブサービスを利用開始。

f:id:KCYS:20181125201315p:plain

あらゆる情報をつなげて整理できる次世代の知識共有サービス

はっきり言って、さっきアカウントを作ったばかりなので、サービスの感想はないのだが、個人でこじんまりと使う分には無料のよう。

これでまでの情報整理ツールがカードやノートといった、髪を模倣して作られているに対して、Scrapboxはむしろウェブの自己組織化を模倣して作られたツールです。リンクすることで広がってゆく知識をそのまま捉えることができるScrapboxは、情報整理の未来といっていいのです。

(141ページ)


消音耳当てを購入

f:id:KCYS:20190119085305j:plain

「59.どこでも集中空間を生み出せるイヤーマフの効果」より。

5歳と6歳の兄妹がいるので、自宅での読書が本当に難しい。5分おきに呼びつけるし、呼びつけないと思ったらリビングで奇声をあげたり牛乳こぼしたり。狭小住宅事情も相まって、とにかく騒がしい。ということで、ノイズキャンセリング機能付きの Beats Studio3 Wirelessオーバーイヤーヘッドフォンの購入を以前から検討していたのだが、まずは本書で紹介されていたイヤーマフ「3M PELTOR イヤーマフ X2A」を買ってみた。ヘッドフォンと比べたら、かなり安いし。Amazon で4,555円。

3M PELTOR イヤーマフ X2A 国内正規品

3M PELTOR イヤーマフ X2A 国内正規品

購入して2ヶ月ほど使ってみたのだが、これは本当に大正解。耳栓だと長時間の使用がしんどくなるのだが、これは耳全体を包んでくれるので、快適に使えてる。防音機能も必要十分。瞑想時にも活用している。


ということで、試してみたくなるものが1つは見つかる本なので、買って読んでみたらいいと思う。でも、読んだだけだと駄目。やらなきゃ意味ないよ。

知的生活の設計―――「10年後の自分」を支える83の戦略

知的生活の設計―――「10年後の自分」を支える83の戦略

SECTION1:知的生活とはなにか
SECTION2:人生を変える「知的積み上げ」の習慣
SECTION3:パーソナルスペースとしての「書斎」設計
SECTION4:情報整理と情報発信の戦略
SECTION5:習慣とツールによる知的生活ハック
SECTION6:知的投資と収入のための「知的ファイナンス」
SECTION7:10年後の人生を設計する

ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250

ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250