精確・迅速・激烈

2027年1月までの日々

【11/24】『論語』 - 『完本 中国古典の人間学 名著二十四篇に学ぶ』を1日1章ずつ読んで年内で読破

『論語』とは

「君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず」

f:id:KCYS:20181217121813j:plain

『論語』(ろんご、拼音: Lúnyǔ)とは、孔子と彼の高弟の言行を孔子の死後、弟子達が記録した書物である。『孟子』『大学』『中庸』と併せて朱子学における「四書」の1つに数えられる。


引用・感想

西の『聖書』、東の『論語』と言われるように、『論語』は昔から、最も基本的な教養書として読まれてきた。

(226ページ)

『論語』の偉大さは疑いようもないが、『論語』と孔子をダシにした中国共産党の宣伝活動に対しての風当たりは、強くなりつつある模様。

2018年12月17日・朝日新聞朝刊7面より

中国政府が米国内の大学と提携して設置した中国語学習の教育機関「孔子学院」の閉鎖が相次いでいる。

f:id:KCYS:20181217122803p:plain

16年の大統領選に立候補した共和党のマルコ・ルビオ上院議員(フロリダ州選出)は今年2月と5月、州内の大学に手紙を出し、「米国内の教室に『侵入する』という中国の攻撃的な作戦は、表現の自由を破壊するものだ」と主張。孔子学院の契約を打ち切るよう求めた。8月にノースフロリダ大が閉鎖を発表すると、ルビオ氏は「決定を歓迎する」とツイート。「これらの機関には中国共産党が資金提供しており、懸念は高まっている」と訴えた。

孔子様も草葉の陰で泣いておられる。

リンク

完本 中国古典の人間学―名著二十四篇に学ぶ

完本 中国古典の人間学―名著二十四篇に学ぶ

論語 (岩波文庫 青202-1)

論語 (岩波文庫 青202-1)